首の凝らない枕の選び方

スポンサードリンク

首の凝らない枕の選び方

枕の高さが合わないと首や肩が凝ったり寝違えてしまったりすることがあります。
首の疲れない枕の選び方についてみてみましょう。
枕が高すぎるとあごを引いている状態が長く続き呼吸もしづらく、首や肩に力の入ったままになり緊張が続きます。
低すぎても首や肩の筋肉の緊張は取れません。
立った時のような頸椎や背骨の曲線が寝ている時も保てるような枕の高さが理想とされます。

 

特に重い頭を1日中支え続けている首に負担がかからないような枕の選び方をしたいものです。
枕は首をしっかりと支えてくれるように肩口まで届くような大きさのものを選びましょう。
眠っている間に何度か寝返りを打ちますがこれは同じ姿勢で寝ていることで下になった部分に溜まった血液などを流し筋肉をほぐす役割があります。

 

肩こり、首こりなどで朝から疲れを感じているようでは快適な1日を過ごせません。
枕の選び方で安眠度が大きく変わりますので、自分に合った枕を使いましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク